忍者ブログ

ブログ

entry_top_w.png


こちらが 祀られてるのが わかってた神社です




狛犬さん カッコイイ系

ウチのにゃんことは大違いの体型w





落ち着いた雰囲気の神社です

日本三大 金運のあがる神社だとか


溜まった徳だとか運だとかを 勝手に上の連中に使われてる私にゃ

関係のない世界だわ (lll´Д`) 
 
 


こちらが 特にご利益があるそうなので

行かれたときには お参りを♪



この神社 なんで天の真名井があるんだろう?って不思議に思ってました





こんなんもあるぐらいだから かねぇ と思ってたら

 
 


この摂社をお参りしてるときに

主催者のMさんが




こちらの神様 誰か感じる?と


意識を向けてみる


あれ?釣竿持ってる 若いにーちゃん でてきたぞ




ちょっとわかりにくいですが

天の真名井の横にあるのが 恵比寿神社

その向かって 左の後ろにあるのが 丈六神社です



なので  最初はえびす様?と思ったけど

いや、違う。いつもの知ってる感じとは違う


よーく 意識を合わせてみたら


なにかに乗ってる 亀??


浦島太郎!! 


でも、なんで??

と思いつつ それを話すと 友達も同じことを感じ取っていた

詳しくは 言えませんが  

友達が話をしたところ

なにやら謎があるみたい



こりゃ 本家本元にいくフラグ立ててしまったかな?(汗)
PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
気多大社を出発して 向かった先は兼六園

まずは 兼六園のまわりの神社へ


行く道中で 友達から参加者のみなさんへプレゼントがあって

その話で盛り上がってました


私は先に 自分のを 知ることに 


ってか地上デートに巻き込まれて その流れで知った が正解なんだけどねw



最初に向かったのは



石浦神社

神様は正直 よくわからなかったです





可愛らしい マスコットキャラを作って と やる気のある神社だな。って印象でした



次は 金澤神社



ご朱印が とても綺麗なところです

これだけでも 行く価値あるかも




小さいけど、とても綺麗な空間の神社でした

すぐ近くにある 



こちらに


模様が かわってて面白いね って話をしてて


あれ?だれも いないやん と 友達と話ししてたら




慌てて 出てきたらしい

お茶を飲んでたそうなw

神様とは ちょっと違うみたいな存在でした



私たちの参拝が終わったら また戻って行ったそうなww


やる気 あるのか ないのか(笑)



このあと 兼六園へ

さすがに ここではなにもないやろ。 と思ってたのですけど・・・・


今回は 本当に面白いことだらけ 


entry_bottom_w.png
entry_top_w.png



気多大社 摂社がいっぱい 


そのなかでも気になったのが



こちら

誰が祀られてるのだろう?と感覚を広げると


男女がみえる でもハッキリしないな~と思ってたら


友達いわく


恥ずかしがって 隠れてるそうな

奥ゆかしい 神様たちだ

私の方が 図々しいのは間違いないw
 


こちらでは 蝶々が まわりを ひらひらと飛んでました

感じた光も気持ちがよかった



遠くからみると カエルに見える岩もあったりと

 なかなか 楽しい神社でした



お次は こちらw




参拝してたら なぜかまわりに金色が視える

なんだろう?と思ってたら


友達いわく 

金色の服着て 光をばら撒いてたそう


張り切ってますがな


 
毎度おなじみの こちらの神様 奥ゆかしさ・・・

うん、ない(笑)


 
一つ目の神社で これ でしたからね~



 唯一 心残りなのが 朝が早すぎて 社務所が開いてなかったので ご朱印がもらえず

てぐらいかな


entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
いつもの友達と 行ってきました 

ずっと前に 「飛騨」 ってキーワードが出た時から 時間は経ってるけど(^^; 


上の人たち やたら張り切ってましたよ


待ち合わせ  土曜の早朝 石川の駅で拾ってもらう段取りをつけ 

私たちは 金曜の夜 大阪駅発の夜行バスで金沢へ向かうことにしました

時刻は22時過ぎのバスなので 神戸を21時半に出発しても十分間に合うのですが

なぜか 早めに出てしまった

で、あとで聞いたら 友達も 似たような時間に着いてたそうな

なに 企んでたんだろう?  気が付かなかったから 結果OKかも(笑)
 
 




翌朝の、金沢駅 いったいここはどこ?な近代的な建物

なのに電車は 自分で開閉するタイプ
 
進んでるのかは ちと微妙(笑)



待ち合わせの駅までの 電車の移動中



こんな 空をみた

うん。今回も 面白い旅になる予感が・・・だわw


合流して 最初に向かったのが






いつもの おなじみの名前がでてて 笑ってしまった


というのも 今回 行く場所はあらかじめ教えてもらってたのですが

まったく調べてません


バタバタしてた ってのもあるけど、着いてからのお楽しみ の方が面白そうだったので




鳥居をくぐると 友達がカメラ用意するように言われた と




手水舎のところに カエルさんがww





なんて粋な計らいなんでしょ♪
 




 

こちらの狛犬さん 笑顔が素敵


そして なぜか 光ってるし


 
 そんなわけで 怪しい2日間の旅が始まったのである
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
第2土曜日 にゃんこの避妊手術を計画

場所は 芦屋の病院なので 夕方のお迎えまで 時間がある

ってことで 友達に芦屋まで来てもらって

レッツGO!

まずは 神戸からスタート


予定外の 弓弦羽神社へ 


道なりに進んでたら そういや、この先にあったっけ と思い出したので寄ってみました

いきなり決めたので 神様はお留守

そらそーだ 

お留守番の眷属の人が すまなそうにしてたそうで

こっちこそ 申し訳なかったです ハイ(汗)

神社は 羽生選手の影響もあって 関東の車がとまってたりと けっこう賑やか


元々 御影の動物病院に通ってて、 そこの先生が独立したので芦屋に移ったのですが

なんと この神社 病院の前にあるので 静かな昔を知ってる私としては ちと残念なような嬉しいような複雑な感じ(^^;



で、次に訪れたのが 

えっちら おっちら 階段登ってた先にあるのは 天王宮 素戔嗚神社

階段の途中から 神域に入るのがわかるほど 気持ちのいい場所でした


小さなとこなのですが、気持ちよさは保障します

階段の辛さも保障します(笑)


そのあと 西宮へ


廣田神社

越木岩神社

神呪寺


どれも素晴らしい とこ

神呪寺は お寺なのに 全然 しんどくない

珍しい場所です

神社 っぽい 感じで 良い感じを受けました



そこから宝塚の中山寺へ

ここは初めてだったのですが、ほぼ終わりかけで片づけてる所についたので 人がまばら

ここですでに 時間は17時 お迎えは18時なので


速攻 出発。

 
次回 またゆっくり回ろうか といいつつ

通りかかったら 地図で見た神社があったので ごあいさつ。

やっぱり呼ばれてたのね

ハイヤーセルフが関係する神社でしたから


ちなみに この前の段階でも すでに張り切ってたそうな

おかげで金髪男が大人しかった(笑)


動物病院からの帰りの車のなかで 

やっとホッとしたのだろう ウチのにゃんこが鳴くと 


友達のガイドが あやして 鳴きやむ。

また 鳴き出したら あやして鳴きやむ の繰り返しをしてたそうで


へぇー  優しいね。と言うと

「動物にはね」と意味深なセリフが・・・


なんとなく 聞かない方がよさそうな気がするのは なぜ?ww



entry_bottom_w.png
<< 前のページ 次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
plugin_top_w.png
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 6 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
フリーエリア
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新CM
[09/24 コピーブランド]
[04/27 あそこの]
[08/15 みどり]
[05/06 waimea]
[03/25 あそこの]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
バーコード
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ブログ内検索
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
P R
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カウンター
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
忍者アナライズ
plugin_bottom_w.png
Copyright ブログ by No Name Ninja All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]